シュールデコールのトイプードル。

以前、アメブロにアップした後、いろんな人に「かわいい~~!」と言われたプードルをご紹介します。

 

最近、シュールデコールのレッスンに行けてませんが(´;ω;`)

 

私はベーシックとアドバンスまではレッスンを受けたので、あとはマスターの単位を残すのみなのですが、シュールデコールについては、私が教えるよりメゾンドブランの北川先生から教わる方が良いだろうな~と思い、講師資格は取得していません。

 

なので、レッスンは出来ませんが、本部レッスンなどにも参加させて頂き、筆使いや混色についてのお勉強もさせて頂いて有難いな~と思っています。

021601

 

ポーセラーツでも使う上絵具は混色してはいけないものや、混色可能な物があるのですが、微妙な色合いを出したい場合は混色するしかありません。

 

クレイクラフトでもそうで、好きな色にするには混色なんですよね。

そのままの粘土の色を使うことはほとんどありません。

 

クレイクラフトの場合は、混色してはいけない物などは無いし、後から着色も出来ますが。だって食べないし(笑)

 

021602

 

毛並みのふわふわ感を出すのがなかなか難しかったのですが、このレッスンについてはどなたも上手に描かれてました。

 

同じ下絵を使っているのに、み~~んな顔が違ってかわいかったです(*´ェ`*)

 

私もラテを描いてみたいと思いつつ、ラテはプードルちゃんのようにふわふわの毛ではなく、チワワなので直毛なんですよね…。

 

それがうま表現出来るのか??

 

フェネックも描けるのか??

 

いろいろ挑戦してみないと~!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。